更新日:

日本整形外科学会親善野球大会予選 決勝戦が開催されました



決勝、対信州大学戦



 4月4日、三郷市サンケイスポーツセンターにて日本整形外科学会親善野球大会予選決勝、対信州大学戦が行われました。4月というのにまだ肌寒い天候の中、千葉大ベンチだけはやる気と気合で熱気が漂います。

 本日のスターティングメンバーは

1番 遊撃 山崎 博範 先生 (大学)
2番 中堅 中村 伸一郎 先生 (習志野第一)
3番 三塁 藤本 和輝 先生 (鹿島労災)
4番 捕手 宮城 正行 (大学)
5番 一塁 鈴木 宗貴 先生 (下志津)
6番 左翼 橋本 光宏 先生 (大学)
7番 右翼 宮下 智大 先生 (松戸市立)
8番 二塁 萩原 茂生 先生 (千葉労災)
9番 投手 木島 丈博 先生 (渡辺病院)
監督   村上 正純 先生 (市立青葉)

 の強力な布陣。千葉大学は後攻です。
 初回表、投手木島先生の立ち上がりは上々、スコアボードに0を刻みます。
 初回裏、先制点がほしいところで一番重要な先頭打者山崎先生はサードへの強烈な打球を放ち、内野安打で出塁します。さらに次打者への初球、俊足をとばし、相手強肩捕手の好送球にもかかわらず、楽々二塁を落とします。しかし、初回からいきなりのチャンスでしたが、後続の鋭い当たりにもかかわらず相手の好守備に阻まれ先制はなりません。
 2回以降も重苦しい展開が続きます。強打の信州大学打線を木島先生の力投と藤本先生、鈴木先生の好フィールディング、宮下先生のライトの頭を軽く超えそうな大飛球を目いっぱいの背走とジャンプ一番での見事な好捕に助けられ、信州大学のスコアボードに0を並べていきます。
 試合が動いたのは3回裏、千葉大学の攻撃、孤軍奮闘の木島先生を3塁に置き、藤本先生の鋭い打球はセカンドのグラブをはじき、タイムリー内野安打を放ち、千葉に待望の先制点が入ります。これで勢いに乗りたいところでしたが、百戦錬磨、好守強打の信州大学はそうはさせてくれません。中村先生のライトへの大飛球を相手ライトにダイビングキャッチで好捕され、すぐの攻撃では2点をとられ、逆転を許してしまいます。
 しかし、ここでずるずるいかないのが現在の千葉大学の強み、取られたら取り返す、千葉大の強力打線が火を噴きます。鈴木先生の堅実な出塁を足がかりに橋本先生の技ありのヒット、萩原先生の鋭い打球のヒットが飛び出し、瞬く間に満塁のチャンスとなります。ここで、応援団からは木島コールの大合唱。木島が放った打球は三遊間への鋭い当たり、誰もが逆転を確信しました。しかし!相手ショートがダイビングキャッチ、三塁をホースアウトにし、千葉大の攻撃は1点どまり、同点でチェンジとなります。
 このプレーが、試合の流れを変えてしまいます。相手強力打線が力投を続ける木島先生を襲います。たまらず、千葉大は俊足、好守の加藤先生、走・攻・守 三拍子そろった西能先生を投入するも一度傾いた流れを変えられず、信州大学に1点を奪われ、2-3とリードを許します。流れを変えたい千葉大、不振にあえぐ宮城は四球で出塁をするとなんと監督村上先生からは初球盗塁のサインが!!!宮城はそれをきっちりと決め、チャンスを広げるも後続が続けず、不発。最終回にも橋本先生が三塁強襲内野安打で出塁し、さらに2塁まで進塁、一打同点のチャンスです。ここで千葉大にうれしい情報が!代打の切り札、河本先生が別会場でのマラソン大会を走り終え、グランドに向かってくれているとのこと。到着が待たれます。しかし、後続がチャンスを広げることができず、無情にもゲームセット!惜しくも決勝戦敗退となってしまいました。(河本先生は試合終了5分後に到着されました。)
 ご参加いただきました先生方、大変お疲れ様でした。
 来年こそ、本選出場を目指し頑張る所存でございますので今後ともご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


野球部
宮城 正行

集合写真