更新日:

日本整形外科学会 親善野球大会予選が開催されました



対 横浜市立大学



日整会野球大会予選が開催されました。

千葉大学 VS 横浜市立大学

 

横浜市立大学

2

0

0

0

0

0

5

7

千葉大学

0

3

1

1

0

0

0

5

バッテリー:木島―宮城(7回)
二塁打:萬納寺


 来年度の日整会野球大会本戦出場のための予選が開催されました。それでは試合の実況中継をはじめます。以下のメンバーで試合開始。
1 山崎 (遊) 
2 瓦井 (二)
3 藤本 (三)
4 井上 (中)
5 中村 (一) →萩原(4回) (右)(左)
6 木島 (投)
7 萬納寺 (右)(一)
8 宮城 (捕)
9 加藤 (左) →大前(6回) (右) 

 初回の相手の攻撃は、2死からファールフライがフェアと判定される不運も重なり2点を先制される。その裏の千葉大の攻撃は巧打の藤本のお手本のようなセンター前ヒットがでるも0点。

 2回の表、肩の温まってきたエース木島の好投で相手の攻撃を三者凡退で退けると、2回裏、メジャー帰りの萬納寺選手のあわやホームランかという大二塁打を含め、打っても強打者の木島、来年のメジャー移籍が決まり勢いに乗る宮城の三連打などで3点を奪い逆転に成功。

 3回表も木島は好調を維持、期待のルーキー瓦井の堅実なセカンド守備もあり0点。3回裏は藤本、鳴り物入りのゴールデンルーキー井上、肩の故障を押してチームのために強行出場の中村伸一郎先生の強力クリーンアップでさらに1点を追加。

 4回表からは中村先生に変わり、元気はつらつ萩原が守備につく。先頭バッターの出塁を許すも相手の盗塁を宮城捕手のレーザービームと頼れるキャプテン山崎遊撃手の絶妙なタッチでランナーを刺しこの回も0点。その裏、先頭宮城がヒットで出塁するも、続く加藤のセーフティーバントが小飛球となり併殺を喫す。一瞬嫌なムードになるも、そこから打線が奮起。疲れの見えはじめた相手投手から井上が押し出し四球を選びさらに1点追加。この時点で5-2とリード。勝利が見えてきた。

5回は両投手の好投により、お互いに0. エース木島は伸びのある速球で相手打線を力でねじ伏せ絶好調。

6回表は2死2.3塁のピンチをむかえるもキャプテン山崎のおちついた守備で0。その裏は期待の大砲大前が代打出場し、そのスイング(と風ぼう)で相手を震え上がらせたが無得点。

 さあ勝利をかけた最終回の7回表。先頭バッターにアンラッキーなポテンヒットをうたれてしまう。やや疲れの見え始めたエース木島の懸命な好投に堅い守りでこたえたい守備陣にもミスが連発、逆に勢い立つ相手。徐々に不穏な雰囲気になり、試合の流れが完全に変わってしまい、一気に大量5失点を喫した。

 それでも勝利への執念を燃やす千葉大ナイン。逆転を期した最終回裏の攻撃。四球で出塁した萩原の果敢な走塁で相手守備陣に揺さぶりをかけ、2アウト1,2塁で来季のメジャー移籍が決まっている大砲宮城が打席に立つ。一発逆転サヨナラの大チャンスにチームは最大の盛り上がりを見せる。しかし残念ながらあと一打が出ず、まさかの初戦敗退を喫す。

 今年も残念ながら本選出場は果たせませんでした。しかし井上、瓦井の新戦力の加入により、チーム力の確かな強化が得られた実感があります。また来季に頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


 ここで来季の新体制が決定しましたのでお知らせします。これまでチームをひっぱってきた山崎にかわり、新主将は加藤(H16)、副将木島(H18)の新体制に決まりました。大前、萩原も帰局が決まっており、来年は大学院生5人態勢です。

 また貴重な捕手で主砲の宮城選手が来季はモントリオールに移籍(留学)することが決まっています。1年契約ということなので、更に一回り大きくなって?再来季の復帰を待っています。来季は木島-藤本の若いバッテリーで戦っていきたいと思います。

新戦力の補強も考えており、元成田高校のエースを弟にもつF川先生や来季フレッシュマンとして入局予定の中学野球経験者のM山先生など水面下で交渉は進んでおります。しっかり勧誘して、チーム力強化に努めたいと思います。

 最後になりましたが、今回日程が合わず参加できなかった先生方、次戦はまた1年後ということになってしまい申し訳ありませんでした。来季こそは総力を合わせて悲願の本選出場に向け頑張りましょう。みなさまによい報告ができるように個々のレベルアップに励みたいと思います。

平成23年11月23日
(文責:木島、加藤)

集合写真
新主将挨拶

 この度、山崎前主将より次期主将を引き継ぐことになりました、H16年卒の加藤啓と申します。今季は非常に残念な結果でしたが、来季こそは悲願の本選出場を果たしたいと思っています。部員のみなさまはお忙しいとは思いますが、是非とも試合にご参加いただけるようお願いします。総力を挙げて本選出場を勝ち取りたいと思います。同門のみなさまにおかれましては、引き続きあたたかいご声援をいただけると幸いです。よろしくお願いします。

平成23年11月23日
加藤 啓