更新日:
イベント line

東日本整形災害外科学会 駅伝大会

東日本整形災害外科学会駅伝大会に参加しました。

 2013年9月19日・20日に軽井沢で開催された第62回東日本整形災害外科学会会期中に行われましたアトラクションの1つ、駅伝大会に参加してまいりましたので報告いたします。駅伝大会は昨年に続き2回目の開催です。本年度は昨年度よりも参加大学が増えまして、筑波大学、秋田大学、新潟大学、東京女子医科大学、そして千葉大学によって熱い戦いが繰り広げられました。千葉大学は以下の2組での参加となりました (敬称略)。Aチーム:村田淳、大鳥精司、石川哲大、遠藤純、木島丈博、Bチーム:古矢丈雄、久保田剛、宮本周一、木内均、鈴木雅博。Aチームは第一走者の村田先生を筆頭に全員が素晴らしい走りをなされまして総合第3位の成績を収められました。Bチームも大会規定によりオープン参加ではありましたが、怪我もなく善戦いたしました。
 本年度は私は演題登録なく、駅伝のみの参加でしたが、来年は是非学会発表も行い、駅伝も今年以上の成績が残せるよう文武両道でがんばりたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

(文:平成23年卒 鈴木雅博)

集合写真
集合写真

東日本整形災害外科学会駅伝大会に参加しました。

2013年9月19日~21日に行われました第62回東日本整形災害外科学会において開催された駅伝大会に参加してまいりました。この大会は昨年から開催され今年が第2回大会になります。昨年度は秋田大学に逆転され奇しくも2位という結果に終わり今年はチームリーダー大鳥先生はじめリベンジに燃えて臨み、千葉大学は昨年度とは半数以上メンバーを入れ替えて精鋭2チームを結成し早朝の軽井沢で激走致しました。 
  Aチームは村田淳(S61)、木島丈博(H18)、石川哲大(H15)、 大鳥精司(H6)、遠藤純(H18)
  Bチームは木内均(H18)、久保田剛(H16)、宮本周一(H18)、古矢丈雄(H13)、鈴木雅博(H23)
 のメンバーです(敬称略)。
 Aチームは第一走者で伝説ランナー村田先生が王者秋田大学を押さえトップで肘部間木島にタスキを繋ぎます。肘のしびれが影響し秋田大に逆転を許してしまい2位で石川先生にタスキをつなぎます。石川先生は落ち着いた走りを見せ2位をキープし4区リーダー大鳥先生に。トップを伺うリーダーでしたが逆に伏兵筑波大学の超人、田中先生(全体1位の記録)に抜かれてしまい3位でアンカー遠藤へ。特に見せ場も作れず3位のままフィニッシュ。一方、Bチームは木内、久保田先生、宮本の新メンバーに続き、今年も健在した4区古矢先生⇒5区鈴木へのゴールデンコンビが息のあった劇走を見せますが、あと一歩及ばず観衆の暖かい拍手に迎えられ最下位でのフィニッシュとなりました。晴天の軽井沢という素晴らしいロケーションでタスキリレーができて大変充実した学会参加となりました。

千葉大学医学研究院整形外科
遠藤 純(H18)

集合写真
集合写真
メダル
メダル
結果
結果