千葉大学整形外科学教室

更新日:
society line

日本整形外科学会 親善野球大会予選 決勝

日整会野球予選決勝が行われました
 平成26年4月27日、サンケイスポーツセンターにて日整会野球予選決勝(VS慈恵医大)が行われました。スタメンは以下の通りです(敬称略)。
1 山崎 博範 6ショート
2 佐藤 崇 5サード
3 木島 丈博 1ピッチャー
4 井上  雅寛 8センター
5 藤本  和輝 2キャッチャー
6 萬納寺 誓人 3ファースト
7 瓦井 裕也 4セカンド
8 加藤 啓 7ライト
9 松山善之 9レフト
スーパーサブ:河本泰成先生、山口毅先生、佐々木康人先生
 先攻後攻じゃんけんに勝った千葉大学は後攻を選択。
 1回の表、木島の立ち上がり、慈恵医大打線を2連続三振を含む3者凡退で退けます。1回の裏、スーパー核弾頭、山崎先生がセンター前ヒットで出塁するとすかさず二盗成功。2番佐藤崇先生がチームバッティングに徹し3塁へランナーをすすめると、3番木島のレフトへの犠牲フライで幸先よく1点を先制します。2回表は再三にわたるサード佐藤崇先生の好守備とファースト萬納寺先生の華麗なグラブさばきでスコアボードに0を重ねます。攻撃側は本日猛打賞・3盗塁の山崎先生や攻守に活躍の瓦井先生を中心に何度かチャンスをつくるものの相手投手のコーナーをつく丁寧なピッチングの前になかなかあと一本がでず、悪いリズムに。逆に3回表には1アウト2塁から不用意にストライクをとりにいったストレートをうたれ、これがタイムリーとなり1-1の同点に追いつかれてしまい ます。その後4回表は三者凡退にに抑えますが、5回表はフォアボール二つで1アウト1.3塁の大ピンチ。そこでむかえるは先ほどタイムリーを打たれた1番打者。1-1からの3球目を二遊間に鋭い打球をとばされます。そこで奇跡のプレーが!2塁ベース側で打球を好捕したセカンドの瓦井先生が二塁ベース上にトス、これをベースカバーに入ったショート山崎先生がキャッチしベースを踏んで流れるような動きでファーストへ送球、見事ダブルプレーを達成しました。両ベンチから"全盛期のアライバ(荒木・井端)かよっ"と絶賛の声が上がったほどの素晴らしいプレーでした。
 5回裏、勢いにのった千葉大は代打に河本先生を投入、鋭いスイングで相手を震え上がらせます。6回裏はこの回先頭の井上先生がレフトオーバーのツーベースで出塁するも後続が続かず無得点。試合はとうとう1-1のまま最終回に突入します。走り込み不足がたたり5回以降制球にむらがでていた木島ですが、最終回に入りギアチェンジ!最後のバッターを空振りでこの日8個目の三振を奪い最終回を三者凡退に抑えこの時点で負けはなくなります。期待された7回裏の攻撃ですが、相手投手も意地をみせ無得点。1-1のままゲームセットとなりました。
 内容的には攻撃陣は猛打賞の山崎先生を中心に6安打で再三チャンスを演出、守備陣は佐藤崇先生、山崎先生、瓦井先生、萬納寺先生の堅い守り、また投手木島も要所を締め、被安打2、8奪三振の力投で相手を1点に抑えこみ内容的には終始押し気味のゲームでした。

さて、最後の勝負は両チームキャプテンのじゃんけんに委ねられました!!

 "グー!""パー!""グー!"とあいこが三回続き、もりあがるホームベース上での大勝負!!ここで木島が選択したのは"パー"(持病の肘部管症候群と本日の投球で右手握力が低下した木島に"チョキ"は難しく、もうだせるのは"パー"しか残っていなかったのです)。

対する相手は・・・・"チョキ"・・・相手チームに歓喜の輪が広がりました。

 大変残念ではありますが、瓦井先生・山崎先生・萬納寺先生による4-6-3のダブルプレーや佐藤崇の好守などが光り、締まったいい試合ができたと思います。近年では最も日整会出場に近づいた試合だったのではないでしょうか。

 そして今回のじゃんけんでの敗北をうけ、自分の肘部管症候群の症状の悪化を自覚させられました。とりあえず今後大事なじゃんけんは左手でしようと思います。

 この試合をもって、私、木島が主将から退き、藤本和輝先生が新主将に就任いたしました。いままでありがとうございました。今後はプレーに専念しさらなる野球技術の向上をめざし日々努力したいと思います。今後ともよろしくお願いします。

千葉大整形外科野球部元主将 木島 丈博(H18卒)

 

じゃんけん

慈恵

0

0

1

0

0

0

0

グー

パー

グー

チョキ

1

千葉

1

0

0

0

0

0

0

グー

パー

グー

パー

1

じゃんけんじゃんけん
集合写真集合写真