千葉大学整形外科学教室

更新日:2016/10/25(Tue)
society line

学生懇親会


学生勧誘会を終えて
廣澤直也(H20卒)

 平成28年10月21日(金)に6年生クリニカルクラークシップ(CC)お疲れ様会(整形外科勧誘会)をセンシティー22階の東天紅で行いましたのでご報告させていただきます。
 だいぶお馴染みとなってきましたが、今回は、6年生のCC最終日という大変いい日程であったこともあり、今年度最多の50人以上の学生が参加してくれました。当初は、学生は来ても10数人だろうと予想していた関係で、急遽会場変更などドタバタしてしまいましたが、皆様のご協力のおかげで盛大な会を催すことができました。(お恥ずかしながら、人数制限をかけようとした私を叱責してくださり、会場を抑えてくださった、大鳥精司先生には改めて御礼申し上げます。)
 今年度は、昨年度90人以上の学生が参加し混沌とした会になった反省を踏まえ、小出しでの勧誘会の開催を行ってきましたが、やはりこれだけの人数が集まり会を行うのも、当医局のパワーを見ているようで素晴らしいと思いました。学生が多い分、場所によってはただのクラコン(同級生の集まり)のような状態になっていたかもしれません。しかし、この会を通して学生に感じて欲しかったのが、当医局がどれだけ学生を、後輩を大事にしているかであります。整形外科楽しかったな、雰囲気よかったなと少しでも記憶に残ってもらえたら、幹事としてうれしく思いますし、そういった記憶がきっと悩ましい進路選択の際に蘇るはずです。
 今回も大変ご多忙な中、大鳥精司先生、山内かづよ先生、鈴木崇根先生、鈴木都先生、稲毛一秀先生、大学院生、フレッシュマン先生方に参加いただきこの場をお借りして感謝申し上げます。また、今回は学生参加人数が多いこともあり急遽御参加を依頼したにも関わらず、快くお越しいただいた、三浦陽子先生にも大変感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
 今後も引き続き未来の整形外科医獲得のため、精進してまいります。何卒よろしくお願い致します。



集合写真
集合写真