頚椎・脊髄の病気とは

1.変性・退行疾患
(1)頚椎症性脊髄症
 脊椎には体をささえる柱としての役割がありますがそのほかに、脊柱管という骨のトンネルの様な構造をもっていて、その なかに脊髄という神経が通っています。脊髄は四肢や体幹と頭のなかの脳とを連絡する神経や、手足の筋肉を支配する運動神経の細胞がつまっています。
 椎間板を中心に、椎体・椎間関節・靭帯などが退行変性すると(加齢が原因であることがほとんどです)、変性脊柱管狭窄を生じます。頚椎で脊柱管狭窄が著 しくなり脊髄が圧迫されると、頚椎症性脊髄症が発症します。症状としては、手掌全体のしびれや足のしびれ・手指巧緻運動障害・四肢の筋力低下・痙性歩行障 害・排尿障害などがあります。
 安静やカラー固定が有効な場合もありますが、症状が進行性で麻痺が懸念されたり、手指の運動障害や歩行障害が強く、日常生活に支障をきたすような場合に は手術が必要となります。症例に応じて、前方除圧固定術、または後方からの椎弓形成術(脊柱管拡大術)が選択されます。
(2)頚椎症性神経根症
 頚椎症性脊髄症同様、椎間板・椎体・椎間関節・靭帯などが退行変性を起こして、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫され ると、頚椎症性神経根症が発症します。
 症状としては、一側上肢の当該神経根支配領域への放散痛・感覚鈍麻・脱力があります。
 神経根症は保存治療が原則で、安静やカラー固定が行われます。温熱療法や牽引などの理学療法も有効です。薬物治療としては消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、鎮静薬 などを処方します。激しい疼痛の場合は、神経根ブロックなども行います。保存治療に抵抗性の耐え難い上肢痛を有する神経根症では、前方除圧固定術や椎間孔 拡大術などの手術も行われます。
(3)頚椎椎間板ヘルニア
 椎間板の繊維輪部の断裂により頚椎症状が出現し、続いて髄核を主体とする椎間板の一部が逸脱し(ヘルニア)、神経根・ 脊髄を圧迫することによって、神経根症状・脊髄症状を呈します。本症は通常、単椎間に発生し、複数椎間が同時に侵されることは稀です。
 カラー固定・牽引・消炎鎮痛薬・筋弛緩薬などの保存治療を行いますが、症状が強い場合には手術が行われます。術式は、前方椎間板切除椎体間固定術が多い ですが、脊柱管が発育性に狭い場合にあっては、後方からの椎弓形成術(脊柱管拡大術)を単独あるいは前方法に合併して行うこともあります。
(4)後縦靭帯骨化症(OPLL)
 後縦靭帯とは、椎骨と椎骨とを連結している靭帯で、脊柱管のなかに存在しています。この靭帯が異所性骨化という病的な 状態に陥り、肥厚して骨になってしまう病気です。頚椎に多く、また胸椎にも生じます。厚生労働省の指定する難病のひとつになっています。
 後縦靱帯骨化は脊髄の前方に生じ、肥厚が進行すると脊髄の圧迫をきたして、手足のしびれや運動障害、歩行障害などの脊髄症状が出てきます。後縦靱帯骨化 は、日本人成人の約2%に存在し、このうち約15%に脊髄症状を認めるとされています。骨化が存在しても脊髄圧迫が軽度であれば、通常は無症候性です。約 20%の例では外傷を契機に症状が増悪します。外傷性頚髄損傷が発生して初めて後縦靱帯骨化が発見される例もあります。
 治療は頚椎症性脊髄症に準じ、手術治療としては、後方からの椎弓形成術(脊柱管拡大術)や後方除圧固定術、前方除圧固定術などが行われます。
 頚椎後縦靱帯靭帯骨化症については、千葉大学頚椎脊髄グループではこれまでにも多くの基礎研究や臨床研究を行ってきており、学会での発表や論文が多数あ ります。
(5)黄色靭帯骨化症(OYL)
 脊柱管内靭帯骨化症には、後縦靱帯骨化症(OPLL)のほかに黄色靭帯骨化症(OYL)があります。
 黄色靭帯骨化症は胸椎にできることが多く、症状は痙性歩行障害・下肢のしびれ・下肢の筋力低下、排尿障害などです。
 緩徐に進行する症例が多く、軽微で非進行性のものを除き、手術治療が行われます。黄色靭帯は、脊髄を背側から圧迫する骨化巣であることから、後方からの 椎弓切除術にて摘出します。
2.脊柱変形
脊柱側弯症
 →側弯症外来
3.腫瘍性疾患
(1)脊髄腫瘍
 脊髄そのもの、あるいは神経根や硬膜などから発生した腫瘍で、脊柱管のなかで大きくなり脊髄が圧迫されると手足のしび れや痛み、筋力低下、歩行障害、排尿障害などの症状が出現します。
 診断はレントゲンでは困難で通常はMRI検査によってはっきりします。腫瘍は良性のものが多いのですが手足のしびれや麻痺などの神経症状をきたしている 場合は手術による治療を検討します。
(2)転移性脊椎腫瘍
 多くは他の部位に発生した原発悪性腫瘍が血行性に転移したもので、骨破壊による疼痛・手足の痺れ痛み、筋力低下、歩行 障害、排尿障害などの症状が出現します。
  診断は、レントゲン、MRI、RIシンチ、などで確定することが多く、治療は第一に原発巣の病勢コントロールが主となりますが、脊髄症状が出現している場 合は手術も検討します。
4.脊髄血管障害
脊髄血管奇形
脊髄血管奇形の一般症状は背部、腰部あるいは下肢の痛みや感覚障害、下肢の筋力低下、膀胱直腸障害、脊髄性間欠跛行、脊 髄性ミオクローヌス、くも膜下出血などです。発症様式と経過は緩徐進行性のことが多いですが、急性に発症し徐々に増悪する場合や階段状に増悪する場合があ ります。特に感染症、月経や妊娠などにより症状の増悪がみられたり、運動と休息により増悪と軽快がみられることもあります。 画像診断として、MRIが有用です。MRI上、特異な変化をみせたり血管の走行が脊髄内または髄外に蛇行してみえたりします。その他に血管造影なども有効 です。治療として、血管内治療や外科的治療があります。 治療には高度な技術が必要なため成田赤十字病院、千葉市立青葉病院と連携して治療にあたっていま す。
5.脊椎・脊髄損傷
 主に交通事故や転落などの外傷により発症します。脊椎の骨折により、脊髄が損傷されると損傷高位以下の麻痺などが出現 してしまいます。脊髄は、運動・感覚をつかさどる神経が脳からつながっている通り道であり、一度損傷を受けてしまうと完全に回復するのは困難とされていま す。
 現段階での治療としては、骨折した脊椎を安定化し、早期にリハビリを開始し、寝たきりの合併症(褥瘡、肺炎、痴呆など)を予防することしかありません。 我々は、スクリューなどを用いて脊椎を再建し、圧迫されている脊髄を除圧する手術を施行しています。 
 また、我々の基礎研究において、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)が脊髄損傷に対して有効である(ラット)ということを証明した基礎データから、 2008年4月より自主臨床治験を開始しています。 
 将来は、細胞移植などと組み合わせて、「回復しない」といわれている中枢神経を再生させ少しでも多くの患者さまを復帰させたいと考えています。
6.先天性疾患
(1)頭蓋・頚椎移行部病変
  頭蓋骨〜頚椎の移行部は延髄・脊髄を中心とする脳幹〜脊髄の移行部を納める容器として働く箇所であり、定義 上は頭蓋骨の一部〜第3頚椎に至る部分を指します。先天的に様々な奇形を生じることがあり、中枢神経自体の奇形を合併する場合もあります。頭蓋底陥入症 (頭蓋底の大孔という脊髄の通り道である孔の 中に環椎(第1頚椎)が陥入している状態のもの)、後頭骨環軸椎癒合症(頭蓋骨、環椎、軸椎(第 2頚椎)の間に様々な程度で癒合が見られるもの)、歯突起形成不全(軸椎からの歯突起という骨の突起がしっかりと形成されていないもの)、歯突 起骨(歯突起が軸椎から分離した状態で存在するも の)等があります。
 いずれの奇形に関しても必ず神経症状を生じるわけではな く、年齢を経てから偶然に見つかる場合も多くあります。不安定性により脊髄への圧迫を生じる場合もあり、脊椎・脊髄専門医による経過観察の継続が必要で す。症状の進行があり、日常生活に差し支えがある様な場合には 手術的加療の適応と考えられ、病変が生じた部位の圧迫を取り除く除圧術、不安定性が強い箇所の固定術等が行われます。
(2)キアリ奇形、キアリ奇形に伴う脊髄空洞症
 キアリ奇形(正式にはアーノルド・キアリ奇形)とは、後頭部にある小脳、又は脳幹が下方に突出し、脊柱管と いう脊髄の通る管の中にまで落ち込んだものをいいます。多くの場合他の頭蓋〜頚椎の奇形、水頭症、脊髄空 洞症、二分脊椎、脊髄髄膜瘤等と合併します。
 脊髄空洞症は、脊髄の中心部分に空洞を形成した状態で、キ アリ奇形、脊髄腫瘍、癒着性くも膜炎等何らかの原因により脳脊髄液の流れが妨げられることによっ て起こります。上肢のしびれ・痛みなど感覚系の症状で初発することが多く、筋力低下など運動系の症状を呈する場合もあります。空洞は次第に縮小して行く場 合もありますが、逆に拡大して行き、症状の進行を認めることもあるため脊椎・脊髄専門医による経過観察の継続が必要です。症状の進行があり、日常生活に差 し支えがある様な場合には手術的加療の適応と考えられ、空洞とくも膜下腔の間に交通路を設けるシャント術、病変が生じた部位の圧迫を取り除く除圧術等 が行われます。
7.炎症性疾患
(1)関節リウマチ
関節リウマチでは他の膝や手指の関節同様、脊椎の椎間関節にも関節炎が発症します。椎間関節や靭帯付着部の炎症に伴う破 壊によって、頚椎の支持性が不安定となります。上位頚椎では環軸関節亜脱臼、軸椎下亜脱臼といった病型を呈し、頭部から頚部への不快感・痛みを生じます。 また不安定性に伴う動的狭窄のため圧迫性脊髄症をきたし、さまざまの神経症状をひきおこします。痛みに対しては投薬やカラー固定、注射などの保存治療が適 応になります。神経症状を認めた場合手術療法の適応となることがあります。当院では患者さん個人個人の病態に応じ、環軸関節後方固定術、頚椎後方除圧固定 術、後頭頚椎(胸椎)固定術などさまざまの方法での手術を行っております。
(2)化膿性脊椎炎
他の部位での細菌感染が血流に乗って脊椎に波及(血行性感染)したり、検査・手術操作などによる直接感染により、脊椎に 細菌が定着する病態です。脊椎の変形・破壊、膿瘍の形成よって神経障害や脊柱変形をきたすことがあります。基本的には罹患部位を把握し、原因菌を同定、抗 菌薬の投与による治療を行います。抗菌薬の投与のみで感染が収まらない場合、手術が行われることがあります。手術は主病巣の掻爬と骨移植による椎体間骨癒 合の獲得、膿瘍の切開排膿を目的に行われます。
(3)結核性脊椎炎
脊椎にも結核による感染症があり、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)と呼ばれます。抗結核薬の開発により結核発生率は先進国 では漸減していますが、近年免疫不全状態である患者さんの増加、薬剤耐性菌の出現、高齢者の増加などにより減少率は鈍化してきています。治療は化学療法が 基本となりますが、ときに合併症(脊椎変形に伴う神経障害、巨大膿瘍による呼吸障害など)が出現した際、手術療法が必要なことがあります。治療には結核治 療の豊富な経験、長期にわたるフォロー、高度な技術が必要なため千葉東病院などと連携して治療にあたっています。
8.その他
筋萎縮性側索硬化症(ALS)や脊髄サルコイドーシス、脊髄炎といった病気は時に当科で扱う頚椎・脊髄疾患と類似した症 状・病態・所見を呈することがあります。このような病気は当院の総合病院としての利点を生かし、神経内科など関係他科との連携をとり、多方向からの視点で 集学的な診療・治療にあたります。
↑上に戻る


戻る