Seminar/Column

セミナー/コラム


TOTAL 258715 本日 033 昨日 142

名誉教授の独り言 (173) 年を取りました。

更新日 平成29年7月10日

 76歳になり、もう私のゴルフは、飛ばない、寄らない、入らない、となってしまい、結果として100をかろうじて切るか、切れないかになってしまいました。練習をしても現在よりは上手くなるとは思えず、精々周りに迷惑をかけないようにするだけだと思っています。

 かつての教室員だった人が静岡で立派な整形外科病院をやっていて、先日、コンペをやるというので行きました。そこにはかつての教室員たちが前夜祭と称して大勢参加していました。その日は午前中に都賀で年寄りが集まる講演会に謝礼なしの講演を1時間半、口から出まかせの大相撲の話をして、乗り込んだ後でした。50歳前後の人達がゴルフにはまっており、3~4年熱心に練習しているものの未だに100を切れないと言っていました。彼らは18歳ごろに難関と言われた医学部入試に合格し、後は言われるままに勉強し、ここまで来ちゃった人達なので努力すれば人生は何とかなるのではないかと思っているようです。single playerになる人の8割はゴルフを始めて1年以内だそうで、私はゴルフが上手くなるかどうかは遺伝子の問題だと思っています。彼らが運よくゴルフが上達することを願っています。私はこのコンペでは同伴プレイヤーの80過ぎのジーさんの強い要望でゴールドティーから打ちましたが、やっと100を切りました。プレー後の成績発表会ではいろいろと楽しいコメントがあり遂に最後迄いてしまいました。楽しかったです。でもその後の2週間は疲れでボロボロでした・・・。

 先日は自分のメンバーコースで熱中症にならないようにスポーツドリンク2本と芍薬甘草湯を持ってラウンドしました。朝からスポーツドリンクをガンガン飲み、午後は最高気温34度だったようで、後半4ホール目あたりで左手第4指が一寸攣ってきたので慌てて芍薬甘草湯をスポーツドリンクで飲み、何とか18ホール廻ることが出来ました。53,50でした。帰ってから喉の渇きに耐え兼ねてビールを飲んだらクタクタになってしまいました。もう年です。改めて、この夏、ゴルフをするかどうか迷っています。

 それよりゴルフは絶滅危惧スポーツではないかと思っています。あれだけの広いスペースをあんな少人数の人達が独占し、贅沢な時は若いキャディーさんに1日お付き合いをお願いし、1日で100回ぐらいクラブを振り、後は休みながら歩くだけです。最近の若い人達はゴルフをしない人が多いように感じています。若いカミさんが許さないのでしょう。地球上の人口は爆発的に増えています。色々な考え方があるでしょうが、あの広大なゴルフ場は他の利用法を考えなければならない時がやがて来るように思います。

 今日も最高気温が30度を超すという予報だったので、予定していたゴルフは辞めにして、午前中にスポーツクラブのプールで歩いたり、泳いだりして、お風呂に入ってきました。午後はTV桟敷でウトウトしながら過ごしました。お陰様で熱中症にはなりませんでした。