Seminar/Column

セミナー/コラム


TOTAL 352337 本日 001 昨日 162

名誉教授の独り言(212) 春

更新日 令和2年3月10日

 今年の冬は暖かいです。猫の額ほどの我が家の庭にも春が来て次々と花が咲いています。水仙が始めだったでしょうか、クリスマスローズ、フキノトウ、福寿草、今はムラサキハナナが咲き始めました。庭に小鳥さんたちのためにエサ台を作ってあります。お釜についたご飯や揚げ物にしたパン粉の残りなどをあげています。雀が主ですが時にはきれいなメジロさんも来てくれます。彼らをムクドリやヒヨドリが追いかけてエサを奪ったりしています。暖かい春でもエサは十分ではないのでしょうか。

 私の人生で最も印象深く残っている春は千葉大学医学部の入学式です。医学部構内の連絡道路の両側に満開の桜が咲いており新入生を大歓迎してくれました。あんなにきれいな桜はその後も見たことがありません。現役の時に受験した全ての医学部に不合格になり、暗い1年間の浪人生活を過ごしました。その間に予備校に通い受験の仕方を学びました。千葉大医学部に合格した時は物凄く嬉しかったです。小学校4年生の時からなりたかった医者への道が開かれた事に心から喜びを感じました。当然の事ですが、その頃は将来医学部教授になるなどということは全く考えていませんでした。医学部を卒業し、最後のインターン生として真面目に勉強し、整形外科医となり黙々と勉強・研究をしていたら、それほど優秀でも無いのに、人生の巡りあわせで教授になってしまいました。

 この春は新型コロナウイルス感染症で大騒ぎです。相撲の3月場所も無観客での興行となりました。TV中継を見ましたが、昨夜の残った気の抜けたビールを飲んでいるような感じでした。全く面白くありませんでした。相撲って面白くない、と思ってしまうファンもいるのではないでしょうか。こんなことなら3月場所は興行中止のほうが良かったのではないかと思っています。

 昨年11月に負傷した左足関節のケガも大分良くなりました。多くの方にご迷惑をお掛けしました。心よりお詫び申し上げます。今月初めにはハーフですがゴルフにも復帰しました。そして怪我をしてから非常勤医として2週に3回勤務している病院には数少ない病院事務の方に送り迎えしてもらいました。時には自宅の玄関から迎え車までおんぶしてもらいました。その送り迎えをしてもらわなくても今週から自宅からバスとJRで病院最寄りの駅まで一人で行けるようになり、なんとなく新生活が始まったような気持ちの昂りを感じています。改めて、新生活を前向きな気持ちで始めたいと思っています。今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

 そしていよいよ桜です!お花見です!楽しみましょう!