千葉大学整形外科学教室

更新日:
fellowship line

腰部脊柱管狭窄症

鳥越俊太郎さんの腰部脊柱管狭窄症手術が行われ、無事に退院されました。
藤本和輝(平成18年卒)
 BS朝日「医療の現場!」司会者で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏の腰部脊柱管狭窄症手術が当院で行われ、無事に退院されました。鳥越氏は間欠跛行と両下肢痛を主訴とした腰部脊柱管狭窄の診断で、さる平成26年11月5日に当院で手術が行われました。
 術後は問題なく日毎に回復され、リハビリの一環としての我々整形外科医局員との病院から医局までの散歩も順調にこなされました。道中、千葉大学医学部の歴史や七天王塚のお話にも非常に興味をもたれ、たどり着いた整形外科の医局ではご本人の生い立ちや人生について熱く語って頂くなど,ジャーナリストの真髄も垣間見る貴重な体験をさせていただきました。退院後に術前の高度狭窄に起因する一過性の術後筋力低下が出現しましたが、その後の神経症状は改善傾向であり術後経過は良好です。
 千葉大学整形外科スタッフ一同、当院での治療が氏の今後のご活躍の一助になればと強く願う次第であります。
 この度の氏の円滑な入院生活は、ひとえに多岐にわたり全面的なご協力を頂いた医局員の先生方、麻酔科先生各位、臨機応変克つ迅速に対処していただいた放射線技師の方々、病棟・手術部・リハビリ部のスタッフや病院関係者の方々、迅速に装具作成をいただいた日本義手足製造株式会社の皆様等,多くの関係各位のご尽力の賜物と考えております。この場をお借りして心より感謝申し上げます。
 なお、今回の一連の診療の様子は、ご本人を題材としたドキュメンタリーとして放映されます。腰部脊柱管治療の実際の経過の一例として、よろしければご覧ください。
テレビ放映予定
【放 送 局】BS朝日
【番 組 名】「鳥越俊太郎 医療の現場!」
      ~密着!鳥越俊太郎 ~腰部脊柱管狭窄症との闘い~
【オンエア】1月11日(日)午前10:00~10:30
【番組詳細】http://www.bs-asahi.co.jp/genba/prg_339.html

fig1