Seminar/Column

セミナー/コラム

第31回腰痛シンポジウム 開催のお知らせ

更新日 令和1年11月22日

第31回腰痛シンポジウム

同門各位

平素は誠にお世話になります.第31回腰痛シンポジウムを開催させて頂きます.
2020年2月29日(土)東京国際フォーラムにて,テーマは“エキスパートからみた,
腰痛診療の新たな光と拡大する影”
としました.日本のスペシャリストにご登壇頂きます(添付をご覧下さい).取
得しにくい単位にも配慮いたしました.まだ席に余裕がございますので,ご希望
の先生はご連絡いただけますと幸甚に存じます.

大鳥 精司
千葉大学大学院医学研究院 整形外科学

日時: 2020年2月29日(土)   12:30~17:35
会場: 東京国際フォーラム「ホールB」 5階受付
東京都千代田区丸の内3丁目5番地
TEL:03-5221-9000   
参加費: *参加費として2,000円を当日受付にて申し受けます。
*本シンポジウムは日本整形外科学会教育研修会として認定されております。
*日本整形外科学会会員で単位を取得される方は、必ずIC会員カードをご持参ください。
*受講料は1単位につき1,000円を当日受付にて申し受けます。

PROGRAM

【開会の辞】 12:30~12:35  
      千葉大学大学院医学研究院整形外科学 教授
大鳥 精司 先生
【セッション1:疫学進歩の新たな光】 12:35~13:35  
    座長 自治医科大学 整形外科 教授
竹下 克志 先生
  1)「腰痛疫学の最近の進歩-Wakayama Spine Studyを中心に-」
      和歌山県立医科大学整形外科学講座 准教授
橋爪 洋 先生
  2)「腰痛疫学研究を遂行するための統計手法」
      大阪市立大学大学院医学研究科 医療統計学 教授
新谷 歩 先生
【セッション2:保存療法の新たな光】 13:35~14:35  
    座長 福島県立医科大学医学部 整形外科学講座 主任教授
紺野 愼一 先生
  3)「腰痛・骨粗鬆症に対する薬物療法の進歩」
      そうえん整形外科 骨粗しょう症・リウマチクリニック 院長
宗圓 聰 先生
  4)「転移性脊椎腫瘍による腰痛のピットフォールと薬物療法の進歩」
      都立駒込病院 整形外科 部長
穂積 高弘 先生
【休憩】 14:35~14:45  
【セッション3:腰痛への革新的介入の新たな光】 14:45~16:00  
    座長 大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学 教授
中村 博亮 先生
  5)「腰痛、脊椎疾患におけるArtificial Intelligenceの可能性」
      慶應義塾大学医学部 整形外科学教室 准教授
渡辺 航太 先生
  6)「画像で腰痛は可視化できるのか? -定量的画像解析法による非特異的腰痛への挑戦-」
      札幌医科大学医学部附属病院 放射線部
高島 弘幸 先生
  7)「整形外科単科での限界、骨粗鬆症診療における多職種・多科・地域連携の可能性」
      福島県立医科大学会津医療センター 整形外科・脊椎外科学 准教授
岩渕 真澄 先生
【セッション4:腰痛診療の拡大する影】 16:00~17:30  
    座長 札幌医科大学医学部整形外科学講座 教授
山下 敏彦 先生
  8)「侮ってはいけない腰背部痛」
      千葉大学医学部附属病院総合診療科 教授
生坂 政臣 先生
  9)「腰椎手術における合併症、その予防と安全対策」
      岐阜市民病院整形外科 部長
宮本 敬 先生
  10)「腰痛診療における訴訟」
      棚瀬法律事務所
棚瀬 慎治 先生
【閉会の辞】 17:30~17:35  
      福島県立医科大学医学部 整形外科学講座 主任教授
紺野 愼一 先生