Medical

グループ・診療

パフォーミングアーツ医学(PAM)

更新日 2020.4.3

グループ紹介

千葉大学医学部附属病院整形外科にて、2018年9月より『パフォーミングアーツ医学外来(PAM外来)』を始めさせていただきました。パフォーミングアーツ医学(Performing Arts Medicine; PAM)とは、 音楽家、ダンサー、俳優等のパフォーミングアーティストに関わる身体的・心理的問題を扱う医学です。1980年代頃より欧米を中心に発展してきた、新しい医学分野のひとつです。

 当外来では現在、音楽家の患者さんの上肢の痛みやしびれ、動かしにくさを中心に診療を行っています。無理な演奏のしすぎなどによるOveruse(使いすぎ)/ Misuse(誤用)症候群や腱鞘炎から、演奏と直接の関係がなくても発生する病気や突然のけがまで、幅広く対応いたします。なお上肢以外の整形外科疾患については、当整形外科の他グループの医師と協力、連携して診療を行います。

 

【診療日時】

  • 受診には紹介状が必要です
  • 毎週月曜が診療日となります
  • 初めて当外来を受診される方は、午前8時半~10時半までに事務受付を済ませてください
  • 演奏家の方は、可能であれば当日楽器をご持参ください

      実際の演奏状況を診察させていただきます

 

【診療対象】

  • 音楽家の上肢の痛みやしびれ、動きにくさ

(例)バネ指、腱鞘炎、変形性関節症、絞扼性神経障害(胸郭出口症候群、肘部管症候群、手根管症候群)、デュピュイトラン拘縮、関節リウマチ、ガングリオン等の腫瘍、Overuse(使い過ぎ)/ Misuse(誤用)症候群等

  • ダンサーの下肢の痛み、変形、けが

(例)前/後十字靭帯損傷、半月板損傷、外反母趾、アキレス腱付着部症、三角骨障害、疲労骨折等

 

【診療方針】

  • 診療は金塚彩(手外科グループ)が担当いたします。患者さんのパフォーマンスに関する背景や文化、専門用語を理解した上で、楽器や演奏スタイルの特性に寄り添った診療を行います
  • Overuse(使い過ぎ)/ Misuse(誤用)症候群では、楽器の調整や装具の作成が必要になることがあります
  • 大学手外科グループの他の医師が主治医となり、PAMの専門家として金塚が併診することがあります
  • 上肢以外の疾患については、当整形外科のスポーツ・下肢(膝関節、足部・足関節)グループや他科の医師に紹介し、ご協力をいただいて包括的な医療を実践してまいります

スタッフ

  • 金塚 彩手外科, 臨床研究開発推進センター
  • Aya Kanazuka, M.D., Ph.D., PGDip with distinction
▼詳細を開く
経歴

    2002年 長谷川加齢学奨学金受賞 デンマーク オーデンセ留学

    2005年 International Federation of Medical Students’ Association (IFMSA) Exchange Programme, オーストリア ウィーン国立大学病院(AKH) Clinical Clerkship

    2007年 千葉大学医学部卒業

    2009年 千葉大学整形外科入局

    2014-2016年 千葉大学医学部医学研究院環境生命医学 特任助教

    2016年 ドイツ ベルリン・シャリテ医科大学 Kurt-Singer-Institute for Music physiology and Musician’s health (KSI) 短期留学

    2017年 千葉大学大学院修了 医学博士(Ph.D.)

    2017-2018年 イギリス 大学院留学 University College London (UCL) , Performing Arts Medicine学科修了(日本人初)(PGDip with Distinction)

        https://www.iseh.co.uk/consultantdetails/ucl-masters-courses/1140/Aya–Kanazuka

    2018-2019年 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 審査専門員

    2020年- 千葉大学整形外科 手外科グループ

             千葉大学医学部附属病院 臨床研究開発推進センター 特任助教

資格等

    日本整形外科学会専門医

    日本手外科学会会員

    日本肘関節学会会員

    日本リハビリテーション医学会会員

    日本演奏芸術医学研究会 (JPAMA) 発起人

受賞歴

    2016年 花王芸術科学財団 音楽研究助成受賞

    2016年 千葉大学国際交流事業 若手教職員・研究者の海外渡航支援プログラム受賞

    2016年 ベルリンにて開催された千葉大学・シャリテ医科大学学術的国際交流調印式典

            にてバイオリン演奏

    2017年 吉田育英会日本人派遣留学プログラム受賞

    2017年 経団連国際教育交流財団 東京倶楽部奨学生採用(辞退)

    2018年 英国ギルドホール音楽院ピアノ科にて招待講演 “Hand Injuries in Pianists –     

            anatomy, pathology, prevention”

現在の研究
  • 正中神経反回枝の解剖学的特徴に関する研究
    Playing-Related Musculoskeletal Disorders (PRMDs)の疫学調査、検診
    音楽家のけがの予防と治療成績
    音楽教育機関における身体のしくみとけがの予防に関する教育