CAL手術手技ハンズオンセミナー シニアレジデント自身が術者としてトレーニング

平成29年 日整会親善サッカー大会3位入賞

新着情報

ニュース履歴

研究会情報

Facebook Posts

"第28回日本脊椎インストゥルメンテーション学会参加記"

令和元年11月15・16日につくば国際会議場で行われた、第28回日本脊椎インストゥルメンテーション学会に参加しました。本学会は同門であられます筑波大学 山崎正志教授が会長ということもあり、当医局からは多くの発表がございました。特にフレッシュマンの先生方も多く参加しており皆立派に発表していました。

フレッシュマン野口先生からの報告です。

 2019年11月15・16日つくば国際会議場で開催されました第28回日本脊椎インストゥルメンテーション学会に参加致しましたのでご報告いたします。
 「脊椎インストゥルメンテーション手術の精度・安全性向上のための工夫」のテーマのもと、大学はもとより千葉大関連施設の多くの先生方が発表されていました。新入局員も口演、ポスターと計8人が発表をさせて頂きました。私としましては千葉大整形医局員として初めてのポスター発表であり、千葉大整形の名の下で恥ずかしい発表をするわけにいかないと非常に緊張いたしました。発表中は会場の先生方がポスターをかがむ様にして覗いて下さったり、たくさんのご質問を頂戴して途中から緊張よりも多くの注目を頂いたことに感謝の気持ちで満たされていました。しかし終わってみると、もっと上手くご質問に返答できたのではないかと未熟さを痛感しこの経験を今後に活かしていきたいと考えております。また若手医師向けのハンズオンセミナーにも参加し、要点が凝縮された講義の後に模擬骨を用いてペディクルスクリューを挿入し、コンプレッションをかけ前弯をつけて固定を行いました。脊椎手術の高度な技術、楽しさ、奥深さに触れることができ今後の専門選択において貴重な経験となりました。
 全体懇親会では今回の会長でいらっしゃる筑波大学山崎正志教授のもとへ千葉大整形皆でご挨拶し、和気あいあいとした雰囲気で盛り上がりました。その後の打ち上げでも心地よい達成感と安堵の気持ちで整形外科医として歩み始めたことを実感いたしました。
 最後にこのような機会を与えて頂きました大鳥精司教授をはじめ、ご指導頂いた頚椎グループの先生方、支えて頂いた腰グループの先生方、留守を預かって頂いた他グループの先生方、同期フレッシュマンの先生方に深く感謝申し上げます。

続いてフレッシュマン北村先生からの報告です。

2019年11月15.16日に開催されました第28回日本脊椎インストゥルメンテーション学会に参加させて頂きましたので、ご報告申し上げます。

腰椎グループより演題を頂いた他のフレッシュマンとともに、院生の先生と教官の先生にご指導頂き、当日まで準備をして参りました。

私にとっては、初めてのポスター発表の機会でしたので、そもそもポスター発表とは?という極めて初歩的な部分からのスタートでした。そのため担当して下さった大学院生の金先生を始めとする腰椎グループの先生には大変ご迷惑をおかけしました。

金先生には、日頃の研究や業務でご多忙の中、遅い時間にも関わらず、いつも丁寧にご指導いただきました。また教官の志賀先生にも、度々メールで連絡させて頂きましたが、演題の本質について理解していなかった自分に分かりやすくポイントを教えて下さりました。折田先生にもポスター発表の核とも言うべきkey画像を頂きました。本当にありがとうございました。

直前までドタバタ致しましたが、何とかポスターを完成させ、当日の発表に臨みました。

発表では、口演とは違い、聴衆の先生方との近い距離に圧倒されながらも何とか無事発表を終える事ができました。

ポスター発表では、本当に多くの同門の先生が発表されており、千葉大学の脊椎外科の先生方の勢いを感じました。

1日目の懇親会に出席した後に、腰椎グループの集まりに参加させて頂きましたが、教授や教官の先生方の熱い話をお伺いする事ができ、モチベーションが非常に上がりました。今後も先生方のお役に立てるよう、一番下から頑張っていこうと思います。

2日目は、ハンズオンセミナーに野口先生と一緒に参加し、腰椎の模型にPPSを入れて参りました。透明なシートの皮膚、直接見えている腰椎の模型、場所も方向もばっちりだと確信して、PPSを挿入するも、バキッと割れる上関節突起、、、、、、

大変学ぶことの多いセミナーで、獨協大学の稲見先生から直接ご指導頂き、透視を使用せず、フリーハンドでPPSを入れることもあるとお伺いし、大変驚きました。

2日間の学会で、脊椎について知らない事ばかりだと痛感致しました。今後も継続して勉強していこうと思いました。

最後になりましたが、このような機会を与えていただいた腰椎グループの先生方、快く送り出して下さった千葉県がんセンターの先生方に、この場をお借りして感謝申し上げます。
... See MoreSee Less

View on Facebook

”2019年度 台湾Travelling fellowship参加記 その2”

吉野謙輔先生からの報告です。

2019年10月28日から11月8日まで台湾の国立台湾大学醫学院付設醫院(National Taiwan University Hospital; NTUH)および林口長庚紀念醫院(Chang Gung Memorial Hospital; CGMH)で研修して参りましたのでご報告いたします。千葉大学と台湾との交流は今回が3回目となります。本年度は脊椎外科研修として海村朋孝先生(H25)が、関節外科研修として私が参加して参りました。

1週目(10.28-11.1) CGMH

 CGMHは病床数が約3,000床、手術室数が約120室、整形外科年間手術件数が約12,000件もある巨大総合病院です。Joint reconstruction divisionには11人のProfessor/Attending Dr.と10人前後のFellow/Resident Dr.が在籍し、人工関節手術は平均20件/日行われ、うち3-4件は再置換術でした。Primary THAは側方アプローチ(Anterolateralと表現していたが中小殿筋を剥がしていた)のセメントレスインプラント、Primary TKAは傍正中アプローチのPSセメント、RevisionはCase by caseでした。特筆すべきはその手術時間の短さで、Primary THA 30分、Primary TKA 45分、Revision TKAも2時間前後で終わらせていました。このぐらいのペースで出来ないと予定手術が日中のうちに終わらないそうです。昨年来葉されたDr. Linを始め、私と同世代の先生方がRevision THA/TKAを手際よく終えるその姿には非常に感銘を受けました。またRevisionの原因として感染や骨粗鬆症に付随する術後早期の骨折が多い点が印象的でした。



2週目(11.4-11.8) NTUH

 NTUHは病床数で約2,000床、整形外科年間手術件数が約5,000件と、こちらも日本ではなかなかない規模の病院です。整形外科医師はProfessor/Attendingが総勢40名以上も在籍し、それと同数程度のFellow/Residentとともに、脊椎、関節、外傷、小児、腫瘍とほぼ全ての整形外科領域を網羅する体制となっています。関節外科手術は週にそれぞれTHA 10件前後、TKA 20件前後、UKA 5件前後、その他高位脛骨骨切り術や遠位大腿骨骨切り術を数件とのことでした。Primary THAは後方アプローチのセメントレスインプラント、Primary TKAはMIS sub-vastusアプローチのPSセメントで行われ、皆いずれも慣れた様子で手際よく手術を行っていたのが印象的でした。特にPrimary/Revision THAを数多く手がけるDr. Wangとの股関節アプローチに関する昨今の話題や寛骨臼巨大骨欠損に対する再建方法の違いなどについてのDiscussionは、経験に裏打ちされた非常に深い意見が聞けて大変有意義でした。



余暇

 週末やアフター5には台湾の食事、文化を堪能することが出来ました。日本でも有名な小籠包、タピオカティー(珍珠奶茶)、マンゴーかき氷を始め、魯肉飯、牛肉麺、排骨飯などは安くて美味しいのでおすすめです。夜市は噂通り非常に賑やかで、時折漂う臭豆腐の強烈な匂いが印象的でした(味は美味しい)。晴天だった週末には台北101に行き、地上89階からの絶景を一望しました。また温泉に入れると聞いたので地下鉄(Mass Rapid Transit; MRT)とバスを乗り継ぎ行義路温泉まで足を運びましたが、日本的な作りと山間景色を堪能出来て貴重な経験となりました(お湯は熱め)。



その他気づいたこと、印象的だった点

 CGMH、NTUHいずれのDr.も臨床、研究両分野において非常に優秀です。皆英会話を学び、諸外国のDr.と積極的に交流して自身の知見を向上させようとする意志を強く感じました。Residentやfellowの多くがAAOSやISSLSなど国際学会での発表を経験しております。我々ももっと頑張らないといけないと思います。ただお互い英語を母国語としていない者同士であり、論文執筆などに関する苦労など共感できる話も数多く耳にしました。

 保険制度の違いによる医療情勢も印象的でした。台湾ではTHAの摺動面選択において、セラミックが自費になります(セラミックonポリエチレンでヘッド分、セラミックonセラミックで両方とも)。TKAではクロスリンクポリエチレンが自費です。インプラントも患者負担に応じて制限があり、医師の裁量が効かない不自由さはあるようです。また保険ではCTかMRIのどちらか一方しか賄われず、両方行う場合は片方自費だそうです。日本の社会保障費増加率を見ると、いずれは本邦でも同様の制約が加わるかもしれません。

 当然のことながら、英語で自分の考えや意見、疑問点などを伝えられると非常に多くの知見が得られ、海外研修が充実します。台湾Dr.たちは英語のPresentationやDiscussionが上手でしたが、これは今まで何度も経験してきたからだよ、とのことでした。英語教育が早期(小学校低学年)から行われているためかと思っていたのですが、彼ら彼女らに言わせると、学校の勉強だけで話せるようになることはまずなく(実際台湾の若年者の大半は喋れないそう)、幼少期から今日まで必要に駆られて勉強する、練習する人ができるようになるだけ、だそうです。英語上達の道は結局どれだけ英語が必要な状況に身を置くか、なのかなと思います。

 最後になりましたが、このような貴重な機会を与えてくださった大鳥教授、葉國璽先生、日頃からご指導頂いております中村先生、萩原先生、留守中に多大なるご迷惑とご協力いただきましたリウマチ股関節グループ大学院生をはじめとする大学病院諸先生方、関係者の方々に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
... See MoreSee Less

View on Facebook

”2019年度 台湾Travelling fellowship参加記 その1”

海村朋孝先生からの報告です。

この度、2019年10月28日~11月8日にTraveling fellowshipとして台湾の林口長庚紀念醫院(Chang Gung Memorial Hospital)と国立台湾大学醫学院付設醫院(National Taiwan University Hospital)にて研修に参加させていただきました。この研修は葉國璽先生(H5)の御発案、御尽力により毎年行われており、今回で3回目となります。今回、リウマチ股関節グループの吉野謙輔先生(H21)と一緒に研修させていただきました。



 初めの1週間は桃園市にあります、林口長庚紀念醫院にて勉強させていただきました。この長庚紀念醫院は多くの関連施設を持つ、アジアでも有数の医療グループであります。特に林口長庚紀念醫院には広大な施設内に整形外科だけでも250床ほどのキャパシティがあり、手術室も10部屋以上で同時に手術を行うことができるとのことで驚愕しました。

 脊椎手術だけに限っても、行われている手術は定型的なものが多い印象でしたが、その分医療スタッフ全体の練度が高く、すさまじい速さで進められていくのにただ驚いていました。日本との違いは主に保険によるもので、使えるインプラントが、ひいては手術の選択肢が限られているとのことでした。しかし各医師によって得意とする手技が異なり、脊椎内視鏡手術をメインに行う先生も顕微鏡下での手術を行う先生もお互いを尊重している様子が見られました。

 カンファレンスでは自験例をケースプレゼンテーションさせていただいたのですが、主に質疑応答で自身の英語力のなさを実感するとともに、こちらのつたない英語を理解しようとしてくださる台湾の先生方の英語力の高さには舌を巻く思いでした。逆に脊椎内視鏡手術の症例に関して意見を求められたときには、内視鏡手術に関してなじみがなかったことと英語が出てこないこととで歯がゆい思いをしました。千葉大学病院で普段見ることのできない手術に触れることができ、誠に刺激となりました。

 今年は病院宿舎が改修中とのことでしたので近隣のホテルに宿泊したのですが、来年以降は改修後の宿舎が利用できるとのことで、ますます良い研修ができるのではないかと思われます。それでなくとも病院施設内に様々な飲食店や日用品店、銀行などがあり、地下鉄の駅にも直通しているなど、利便性の高さも素晴らしいものでした。



 2週目は台北の国立台湾大学醫学院付設醫院にて研修させていただきました。こちらも大病院で、旧棟では外来診療、新棟では入院、手術をメインに行っており、さらに小児病棟や他の施設も併設していました。

 林口長庚紀念醫院とは違い、大学病院ならではの難しい症例などがカンファレンスの議題であがり、実際にそれに対する手術も術中イメージングにO-armやナビゲーションシステムを用いているところを見学することができました。

 また、手術の適応や同様の症例に対しても選択する術式などが林口長庚紀念醫院とは異なっており、改めて新鮮な思いで研修することができました。

 大学病院にもかかわらず救急外来にはひっきりなしに患者が受診しており、廊下に患者やストレッチャーがあふれているような場面もありました。整形外科医も救急外来に常駐する必要があるとのことでした。重症の外傷例が来ているところも確認でき、各専門家が高度な医療を行う一方で、外傷に関しては専門領域を問わず精力的に治療に携わっている様子を見て、頭が下がる思いでした。

 台湾では人口と同じほどの数のバイクが流通しているとの話もあり、道路を見れば車とバイクであふれているような状況で、交通事故も多く外傷も相当な数が運び込まれているのだそうです。



 両方の病院で共通していましたのは、保険の関係で脊椎の慢性疾患の術前にはCTとMRIのどちらかしかできないとのことでした。だいたいの場合は単純X線写真とMRIのみしか画像の情報がなく、その分、各医師の単純X線画像1枚に対する読影能力が研ぎ澄まされていると感じました。

 どちらの病院でも勤務されている先生方や医療関係者の方々の熱意と体力に圧倒されておりました。患者層や手術手技、疾患への考え方などは異なるところがありますが、今回学ばせていただいたことは大きな経験として、今後の日常診療に役立てていきたいと存じます。

 また、海外への旅行経験自体が乏しかった自分には、誠に良い経験となりました。英会話の重要さ、他国の医療事情などについてこれほど真剣に考えたことはこれまでなかったように思います。ただし、台湾では案外日本語も通じました。

 昨年までに千葉大学にFellow shipなどで研修に来てくださっていた知り合いの先生や、個人的に日本に行ったことのあるという方も多くいらっしゃり、さらに交流を深めていくのが楽しみにもなりました。皆様大変におもてなししてくださり、交換で千葉にいらっしゃる先生方にも何か恩返しができればと考えております。



 最後になりますが、本留学への参加を後押ししてくださいました大鳥精司教授ならびに脊椎グループの先生方、医局の先生方、御尽力頂きました葉國璽先生にこの場をかりて深く御礼申し上げます。
... See MoreSee Less

View on Facebook

"AOSPINE FELLOWSHIP 2019報告記"
大田光俊先生からの報告です

AOSPINE FELLOWSHIPで9-10月の2ヶ月間、パリのPitié-Salpêtrière Hospitalで研修を行いましたのでご報告いたします。

Pitié-Salpêtrière Hospitalは元のパリ第6大学医学部附属病院で、セーヌ左岸の13区に広大な敷地を有し、現在はソルボンヌ大学グループに属しています。特に神経学において長い歴史があり、我々整形外科医にとっても馴染み深いProf. Charcotが多大な業績を残しています。整形外科も伝統があり、3代前の教授は頚椎外側塊スクリューで名高いProf. Roy-Camilleです。現在は主任教授で脊椎外科医のProf. Moussellardを筆頭にスタッフ14名、インターン6名で構成されています。

今回私のFellowshipはフランス人にとって何よりも大切なバカンス直後の9/1から始まりました。初日はなんと脊椎外科医が全員不在でいきなり休みという拍子抜けの幕開けでしたが、翌日から無事開始となりました。意外にも朝は早く7時45分にミーティングが始まり、前日から当日朝にかけて来院した症例をインターンのDrが呈示します。パリ市内に6つあるTrauma Centerの1つでもあるので多発外傷を含む外傷例が多く、他にも感染や転移性腫瘍などバラエティーに富む内容でした。特に週末をはさんだ月曜日は20例以上の症例がありました。1例に10分以上かけることも多く、フランス人の議論好きがよく分かりましたが、語学面が全く追いつかず内容がほとんど理解できなかったことが大いに悔やまれます。なお私もスタッフ全員の前で発表の機会をいただき、さんむ医療センターの脊椎外科の取り組みを紹介できたことは大きな喜びでした。

手術に関しては事前に手洗いできるのか不明でした。しかし実際には全く問題なく手洗いでき、脊柱管狭窄症の除圧術や変性すべりに対するTLIF、L5/S1のModic TypeⅠに対するALIF、脊椎転移に対する後方除圧固定術、頚椎前方手術、頚椎椎弓形成術、側弯症手術や成人脊柱変形に対する骨切りまで多種多様な手術に入りました。予想に反して頚髄症の症例が多く、椎弓形成術は毎週のように行われていました。色々見た中で最も印象に残ったのは長範囲固定におけるIliosacral screwを用いた骨盤アンカーです。特殊なデバイスを使用してscrew中央部分をコネクターで把持します。これをS2AI screwと併用することで非常に強力な固定力が得られるとのことでした。一方でLLIFやPPSの症例は少なく、除圧術もMD法が1件だけでMISはそこまで普及していません。手術手技に関してはかなりaggressiveで、スクリューは最小限の透視で手早く入れていきます。除圧操作は拡大鏡や顕微鏡なしで鉗子と巨大なスチールバー、ケリソンで豪快に行っており、我が国との違いを感じましたが、特に大きなトラブルなく手術を短時間でこなしていく様子は勉強になりました。

外傷についても簡単に触れておきます。Trauma Centerといっても整形外科に専属のスタッフはおらず、中堅スタッフとインターンで手術をしており、この点は我々と似た環境と感じました。四肢、骨盤、脊椎外傷と多くの外傷手術が行われていますが、橈骨遠位端骨折を含めた手の外科に関しては多発外傷例を除いて他の病院に送るケースが多いとのことであまり目にすることはありませんでした。

生活面も参考までに少しご紹介します。今回家族を伴ってのパリ滞在でした。Airbnbでエッフェル塔近くのアパートメントを借りましたが、花の都の家賃は千葉とは比較にならない高額でした。外食も高価なのでミシュランの星とは無縁でしたが、マルシェ(朝市)で買った新鮮な野菜や肉、魚介類を使って妻が料理の腕をふるってくれたおかげで素晴らしい食生活を送ることができました。中1の長男と小4の長女は日本人学校に一時転校しました。2ヶ月と短い期間ではありましたが学校生活もパリの街も大変気に入ったそうで、かけがえのない経験となった事と思います。またお世話になったDrのご自宅にお招きいただき、心のこもったおもてなしも受けました。休日のパリ観光、モンサンミッシェルへの日帰り旅行、ロンドンやアムステルダムへの1泊旅行も大変に良き思い出になりました。メトロで4人組のスリに危うく貴重品を盗られそうになったのも今となってはいいネタです。

最後になりますが、今回Fellowshipへの参加をご快諾いただいた石川先生、推薦状をお願いした高橋宏先生、AOSPINE関係各位の方、またさんむ医療センターの皆様にこの場を借りて深く感謝いたします。この2ヶ月で学んだことを還元できるよう、精進して参りたいと考えております
... See MoreSee Less

View on Facebook

”千葉大学野球部 日整会予選1回戦突破!”

佐藤崇司先生からの報告です。

11/4 篠崎球場で行われました東京医科歯科大学との予選第一回戦ですが、4-0にて千葉大学が勝利致しましたことをお知らせ致します。医科歯科大学の気合に押され失策などから毎回のように得点圏に走者を出す苦しい展開が続きましたが、稲垣投手がその都度気合でねじ伏せ、終わってみればノーヒットノーランを達成など、苦しめられながらも随所に光るプレイの飛び出す試合での完勝でした。
2回戦は相手校・日程とも未定ですので、決定次第お知らせさせて頂きます。

今回は大鳥教授、厚生労働省阿部幸喜先生、成田赤十字病院星裕子先生に応援にお越し頂きました。
大鳥先生が『試合終了まで見守ってくださった試合は』全戦全勝という記録をまた更新致しました。
最後に、応援・ご声援いただきました全ての先生に感謝申し上げます。
... See MoreSee Less

View on Facebook

学会情報

表示するイベントがありません。

研究会・学会案内一覧