CAL手術手技ハンズオンセミナー シニアレジデント自身が術者としてトレーニング

平成29年 日整会親善サッカー大会3位入賞

新着情報

ニュース履歴

研究会情報

Facebook Posts

7月14日に研修医対象で東天紅 センシティタワーにて医局歓迎会が開催されました。
千葉大学整形外科医局に興味があります、といってくださる方。入局します!と力強く宣言してくださる方。
様々な先生方が集まってくれましたが、気軽に集まって当科の雰囲気を楽しんでくれているようで、こちらこそ感謝しております。
引き続き様々な催し物がございますので、楽しみにしていただけますと幸いです。
... See MoreSee Less

View on Facebook

”第52回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会参加記”

2019年7月11日から12日にかけて第52回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会が川越にて開催され、千葉県がんセンターおよび千葉大学整形外科同門の先生方が参加されましたのでご報告させていただきます。



 今回の学術集会では海外からの招待講演も多数あり、英語のプレゼンテーションの重要性を痛感させられる場面が多々ありました。また今回はオーラル発表においても発表時間が3分と短く、短時間にエッセンスを凝縮することの難しさを拝聴しながら実感しました。ポスター発表では他大学や他施設の臨床および基礎研究の演題が多数あり、今後の研究の参考になる実りある2日間となりました。



 7月11日の夜には全員懇親会が催され、次回開催される第53回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会の会長である千葉県がんセンター副病院長の石井猛先生が乾杯の挨拶をされました。全員懇親会の後は、川越の街中にて千葉大学の同門の先生方による懇親会が開かれ、骨軟部腫瘍症例の話から他愛のない話まで、心ゆくまで歓談し、川越の夜を満喫しました。7月12日の早朝からは恒例のご当地ランニングを小雨の中決行し、小江戸と言われる川越の街並みを堪能しました。



 上記の通り、2020年7月16日から17日にかけて札幌において第53回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会が千葉県がんセンター主催にて開催されます。そこで同門の先生方にお願いがございます。日常診療がお忙しくまた遠方とは存じますが、可能でしたら演題登録およびご参加のほど、千葉県がんセンター整形外科一同よりお願い申し上げます。
... See MoreSee Less

View on Facebook

"第45回日本骨折治療学会参加記” 

千葉大学医学部4年生の平島哲矢さんが第45回日本骨折治療学会で口演発表されました。以下平島さんの参加記です。

令和元年6月28日、29日に、福岡市の福岡国際会議場、福岡サンパレスにて開催されました、第45回日本骨折治療学会に参加しましたのでご報告させて頂きます。

本会は整形外科の中でも骨折治療に焦点を当てた学会であり、セッションは講演、シンポジウム、パネルディスカッション、ハンズオンセミナー、一般口演、ポスターなど様々な形式で構成されておりました。私は”前腕骨骨幹部骨折に対するLocking Plate固定術による骨の萎縮は術後3年目以降で顕著になる”という演題で、一般口演にて発表いたしました。私は工学研究科を卒業しているので学会発表そのものの経験はあったのですが、医学分野での発表は初めてであり、スライドの構成や流れに慣れない部分もありましたが、松浦先生を始め、手外科グループの先生方のご指導のもと、無事に発表を終えることができました。また、学会聴講を通じて、同じ骨折でも病院や医師によって治療方法や指導内容が異なること、各治療法の利点と欠点、小児と成人の違いなど、骨折治療の奥深さを学生のうちから感じることができたのは、非常に貴重な経験となりました。

学会初日の夜には千葉大学関係者による懇親会が開催されました。多くの先生が参加されていましたが、初対面かつ学生の私を受け入れて下さり、お話しする機会を頂けて大変有意義な時間を過ごすことができました。

最後になりますが、研究指導、およびこのような大変貴重な場に参加する機会を与えてくださった松浦先生を始め、発表指導を頂いた手外科グループの皆様、並びに関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
... See MoreSee Less

View on Facebook

2019/6/28にCafe & Bar Bにて、整形外科 学生懇親会が行われました。
船橋整形外科 白土先生をはじめとして多くの先生方がお忙しい中、医学部5,6年生、初期研修医の先生方のために駆けつけてくださり、盛況となりました。
整形外科にすでに入局を決めている方、興味をもってくれてる方、とりあえず楽しそうだから飲み会に来てみたという方、いろんな方がいましたがそれぞれにご満足いただけたようで何よりでした。
一つ一つがご縁ですので、学生、初期研修医の先生は気軽に整形外科の主催する会に参加して雰囲気を知っていただければと思います。
... See MoreSee Less

View on Facebook

”ICORS (International Combined Orthopeadic Research Society)に参加しました。”

去る6月19日〜22日までカナダのモントリオール市で開かれましたICORS (International Combined Orthopeadic Research Society)に参加してきました。
私は” Voluntary Physical Activity Reinforces the Efficacy of Acute Non-Steroidal Anti-inflammatory Drug Treatment for Osteoporosis-related Pain in a Mouse Model of Ovariectomy-induced Osteoporosis ”という演題で、Late Braking Researchのポスター部門で発表させていただきました。本学会には初参加でしたが、世界各国の整形外科学会の雰囲気に触れ、お国が変われど同じ匂いを感じました。本学会自体は今回が第2回目ということで、これからさらに発展していくものと感じました。
モントリオール開催でしたので、共同研究先であるマギル大学のDr. Stone Pain Labに顔を出し、いつもの面々と再会しとても楽しい時間を過ごしました。何より四月からは瓦井先生がポスドクとして在籍しており、私が長年過ごしてきたラボに気心の知れた後輩がいる事がとても喜ばしく、また縁というものの不思議を感じました。Dr. Stoneが瓦井先生を見つめる際に私には向けたことのない、乙女のようにキラキラした目をしているのには嫉妬を感じ得ませんが、それも世の常でしょう。それにしてもラボの皆と話すととても刺激になります。これからも前向きに頑張ろうと心新たにして参りました。
もし自分の研究に興味がおありになる先生がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけますと幸いです。今後とも何卒御指導御鞭撻の程、宜しくお願いいたします。

鈴木都
... See MoreSee Less

View on Facebook

学会情報

表示するイベントがありません。

研究会・学会案内一覧