About

千葉大学整形外科について

第66回東日本整形災害外科学会 親善スポーツプログラム駅伝大会に参加して

更新日 2017.9.17

平成29年9月15日・16日と京王プラザホテルにて開催されました第66回東日本整形災害外科学会、そのスポーツプログラムとして開催された駅伝大会に参加してまいりました。

今回は神宮外苑という立地も手伝ってか、参加14チームと、大変盛況でした。

我らが千葉大学整形外科はA・B2チームの出場となりました。

 

Aチーム

久保田憲司(H26)・村田淳(S61)・伊藤竜(H27)・武田拓時(H27)・遠藤純(H18)

Bチーム

木下英幸(H24)・大鳥精司(H6)・乗本将輝(H22)・野本尭(H27)・阿部幸喜(H9)

 

Aチームは絶対王者の秋田大学に脅威の追い上げを見せ、あと20秒のところまで肉薄するも涙の準優勝でした。

来年こそ、雪辱を果たすことを胸に誓いました。

 

私はBチームとして出場し、Aチームほどのデッドヒートは経験できませんでしたが、皆で走る駅伝というものの魅力に気づくとともに、日常のチーム医療に活かすべき連帯感があるなと感じました。

また、Bチーム第一走者の木下先生は学会の朝一のセッションで発表予定でありましたので、第二走者にたすきを渡した勢いそのままに走って学会場へ向かっていきました。

私も、「走ってよし、発表してよし」のスーパー大学院生になれるよう切磋琢磨したいと思いました。

 

最後に、このような素晴らしいイベントに参加させていただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

 

文責:H22卒 乗本将輝

 

 

平成30年度 日本整形外科学会野球大会予選日程のお知らせ

更新日 2017.7.22

千葉大学整形外科野球部主将

井上雅寛(H21卒)

 

待ちに待った来年度の日本整形外科学会野球大会予選の日程が決まりました。

 

予選1回戦

対戦相手:昭和大学整形外科

日時:2017年9月18日(月) 12時~ (雨天の場合9月23,24日へ順延)

場所:

サンケイスポーツセンター

〒341-0034 三郷市新和4-527

http://sankeisc.sakura.ne.jp/

 

初戦の相手は昨年度日整会準優勝の昭和大学です。この1回戦に勝利した場合、2回戦 杏林大学、3回戦 日本医科大学と獨協医科大学の勝者との対戦となり、3回戦を突破すれば晴れて本選出場となります。

 

昭和大学は野球への意識が高く、練習も盛んで非常に良いチームと聞いております。しかし我らが木島丈博先生(H18卒)、稲垣健太先生(H26卒)の2枚看板を中心に、打線が奮起すれば勝つことは可能と思われます。

 

同門の先生方におかれましては是非とも日程を調整し、試合への参加をお願いいたします。

また以下の日程で練習試合も予定しておりますので、奮って御参加をお願い致します。

 

7月30日(日) 足立区平野野球場 16-18時

8月11日(金) 松戸市運動公園野球場 15-17時

 

必勝会の一員として、今後常勝軍団となるべく、まずは本選出場を勝ち取りたいと思います。

お時間のある先生方は是非応援にいらして下さい。

 

 

スポーツ活動

更新日 2017.7.2

駅伝

▼詳細を開く

練習内容

準備中

最新ニュース

掲載日 タイトル
2017.07.30

次世代にバトンタッチ(駅伝)

サッカー

▼詳細を開く

練習内容

千葉大学整形外科サッカー部は、入局以前から本気でサッカーをしていた者から入局後に始めた者やサッカー観戦が好きな者まで、本当のサッカー好きの部員で成り立っております。活動は、定期的に他大学や地元のチームとの練習試合などを月に1回程度行っており、研修医や学生、他大学の先生と親睦を図っております。

また、日本整形外科学会総会の親善サッカー大会を目標としております。2015年度ではベスト4、2017年度では第3位と結果を残し、学術発表はもちろんのこと、サッカーでも千葉を盛り上げるべく頑張っております。

また、部員の中にも多数、サッカー日本代表、Jリーグ、千葉県国体チームなどの帯同ドクターを歴任しております。

部員一同楽しく活動しておりますので、サッカー好きな先生方、ぜひ一緒に活動しましょう。

 

 

以前の記事

バスケ

▼詳細を開く

練習内容

準備中

野球

▼詳細を開く

練習内容

このたび野球部のHPの作成にあたり、僭越ではございますが、私、木島丈博(H18卒:松坂世代1980年生)が入局してからの千葉大学整形外科野球部の活動に関し報告させていただきます。

 

平成20年、千葉大学整形外科野球部に入局した私は、長らく野球部を支えた大エース加藤大介先生(S62卒)の魂を受け継ぐべく、日整会野球予選の決勝、慶応大学戦の最終回のマウンドに立っていました。諸先輩方の援護点のおかげでリードして最終回をむかえ、ここから日整会野球本戦常連チームとして私の整形外科野球キャリアがスタートするものと胸を躍らせました。ところが、勝ちを意識した私のサヨナラワイルドピッチにて日整会野球本戦出場を逃してしまったのです。そしてここから苦難の道のりがはじまりました。

 

<これまでの苦難の道のり>

平成20年度 VS 慶応大学 決勝 勝利目前で最終回にサヨナラ負け

平成21年度 VS 信州大学(2-3)決勝 あと一本がでず敗退

平成22年度 VS 順天堂大(2-0)木島完封 鈴木宗(H12卒)決勝打

(東日本大震災のため、日本整形外科学会は中止)

平成23年度 VS 横浜市立(5-7)最終回に逆転許す

平成24年度 VS 昭和大学(5-6)加藤啓(H16卒)執念の同点打もタイブレイクで敗退

平成25年度 VS 慈恵医大(1-1)決勝 じゃんけん対決に敗れる

平成26年度 VS 東京大学(1-8)終始相手のペースで敗れる…

平成27年度 VS 東京大学(2-7)決勝 安打数は上回るも決定打欠く

平成28年度 VS 東京大学(5-6)延長の末、惜しくも敗れる

 

昨今の野球離れを反映してか、毎年経験者の新入局部員が補強されるサッカー部と比べて、野球部はなかなか新入部員が増えず、一方で主砲のFA流出などもありなかなかチーム力が上がらない状態がつづきました。

そんな中で、近年最も本戦出場に近づいたのは平成25年度でした。予選決勝の慈恵医科大学戦は7回終了時点で1-1の同点のため、当時の主将であった私木島と相手の主将とのじゃんけん勝負になりました。私は中学野球部時代に罹患した右肘離断性骨軟骨炎の影響で右肘の変形があり、それによる肘部管症候群も発症していたためチョキがだせず、選んだのはグー!相手はそれを見透かしたようにパーを出し、またも目の前まで迫りながら本戦出場を逃してしまいまいました。反省した私は、今後のじゃんけん勝負に備え、平成26年に肘部管症候群に対し手術をうけましたので、今ではチョキを出すことも可能です!

 

※なお、私のように野球肘障害のために手術が必要となってしまう状態を未然に防ぐために、千葉大学整形外科では落合信靖先生を中心として、肘の軟骨障害“離断性骨軟骨炎”の早期発見・治療のため、主に小学校高学年を対象に野球肘検診を行っております。

(関連:千葉ひじネットhttps://chibahijinet.jimdo.com/

 

ここ3年は強豪の東京大学(2015、2017日整会優勝チーム)に毎年予選でぶつかるというくじ運のなさもあり、予選敗退が続いております。

しかし学生・研修医への熱いスカウト活動・日々の鍛錬の結果、徐々に戦力が整いつつあり、直近の昨年には本年度日整会優勝の東京大学相手にあと少しで勝てるところまで持ち込みました。もうあと一歩です。さらに2017年6月、村上正純先生(千葉市立青葉病院,S54卒)が中心となり「千葉大整形Baseball必勝会」を立ち上げて下さり、ますます士気が上がってきております。

今後も同門の先輩方の熱いサポートに感謝しつつ、長らく遠のいている日整会野球本選出場、さらには本選優勝を目指し、部員一同よりいっそう努力していきたいと思います!

千葉大学整形外科野球部は、野球を通じてスポーツの楽しさ・素晴らしさを感じながら、選手の体の痛み・心の痛みも共感できる整形外科医となるべく、自らもスポーツに打ち込む野球人の集まりです。(もちろん、日常の診療・手術・学術的活動にも励んでおります!)

 もし、このページをみて興味を持っていただけた学生の方、研修医の方、我々はあなたを待っております。是非千葉大学整形外科に入局して一緒に野球部を盛り上げていきましょう!!

 

富士整形外科病院 木島 丈博

最新ニュース

掲載日 タイトル
2017.07.22

平成30年度 日本整形外科学会野球大会予選日程のお知らせ